スポーツ
ノルウェーのランドビーがワールドカップで優勝

ノルウェーのランドビーがワールドカップで優勝

ノルウェーのハンスクリステルホルンドは、水曜日にオーベルストドルフで開催されたFISスキー世界選手権の15kmフリースタイルマッチで金メダルを獲得するために大きな登場を果たしました。

ホルンドは33分48.7秒で終了し、ノルウェーのチームメイトであるシメンヘグスタクルーガーより20.2秒早くラインを越えました。一方、チームメイトのハラルドアムンセンは、30秒後に次点者が銅メダルを獲得しました。

「それは素晴らしかった。これは私が今までにした中で最大のことだ。私は素晴らしい一日を過ごし、計画されたことをすることができた」とホルンドを拠点とするテレビニュース特派員NRKは言った。

「最初のラウンドはうまくいき、歩いてまっすぐになりました。(最後のレグに)行った後、私は興奮し始めました。そうすれば、あなたはより多くのエネルギーを得ることができます。」

見る| Lundbyは国際大会をスキップしてスキーに勝ちました:

ノルウェーのマーレン・ルンビーは、ドイツのオーベルストドルフで開催された2021FISノルディックスキーワールドヒップでHS137グレートマウンテンセレモニーで優勝しました。 1:55

ロシアの最愛のアレクサンドルボルシュノフは4位でフィニッシュした。

ノルウェーのマーレン・ルンビーは、世界選手権史上最大のスケートイベントで金メダルを獲得し、日本の高梨沙羅を8.7ポイント上回りました。 スロベニアのニカ・クリズナーが銅を取りました。

「世界チャンピオンになることは、ここ数週間は考えもしなかったことだ。それに加えて、今日は私たちが懸命に戦ってきた日だ。その統合を吸収するのは難しい」とランドビーは語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です