政治
連邦の賃金と家賃の補助金は6月まで延長されました

連邦の賃金と家賃の補助金は6月まで延長されました

連邦政府は、国がCOVID-19パンデミックの経済的影響に苦しんでいるので、企業の賃金と家賃を助成する2つのパンデミック支援プログラムを6月まで延長します。

本日オタワで開催された記者会見で、ジャスティントルドー首相は、カナダ緊急賃金補助金とカナダ緊急賃貸料補助金はどちらも6月まで現在の水準に維持されると述べました。

「今は労働者や事業主への支援を撤回する時ではない」とトルドーは述べた。 「今こそ、この危機の最後の段階となることを願って人々に会う時です。」

CEWSは、雇用主の給与を維持している労働者の賃金の最大75%を助成し、CERSは、資格のある賃貸人に、賃貸料の最大65%をカバーする直接支払いを提供します。 封鎖により閉鎖を余儀なくされた企業に対する家賃補助金への追加の補充も維持されます。

当初は3月13日に期限が切れる予定だったプログラムは、6月5日に延長されます。プログラムの延長により、納税者はさらに160億ドルの費用がかかると見込まれます。

クリスティア・フリーランド財務相は、「トンネルの終わりには光があるが、角を曲がったと断言することはできない」と述べた。

「つまり、公衆衛生の封鎖とそれを維持する支援は、必要なときに必要な場所でカナダ人が引き続き利用できるようにする必要があります。」

カナダ独立企業連盟の会長であるダン・ケリー氏は、この発表を歓迎すると述べた。

「これは中小企業の経営者にとって朗報であり、彼らが人員配置を計画するのに役立つだろう」とケリーはツイートした。

政府の背景資料によると、2月21日の時点で、連邦政府は賃金補助金を通じて500万人以上のカナダ人に660億ドル以上を支払いました。 さらに16億ドルが、家賃補助金と封鎖支援を通じて129,000の組織に支払われました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です